ベストケンコーで海外の医薬品を入手

医薬品は安全が保証されていれば、海外から取り寄せるのもありでしょう。
海外ではジェネリック医薬品が日本よりも発達しており、特にインド製造のものが多くなっています。
インドでは成分特許がないので、他国では製造できないジェネリックを製造・販売することが可能なのです。
例えば、バイアグラの処方を日本で受ける場合、1錠1,000円以上という高い価格となりますが、ジェネリックだと200円出さずに購入できます。
ただ、日本ではバイアグラジェネリックの販売は許可されていないので、個人輸入代行サイトを利用して取り寄せることになるのです。

おすすめのサイトにはベストケンコーがあり、海外の医薬品・ジェネリックを格安で取り寄せることができます。
個人輸入代行サイトには、文字通り個人で運営している怪しいサイトもあり、こうした店舗で購入すると偽薬を掴まされる可能性があります。
どんなに格安でも偽物を飲んでいれば、効果がまったく出ないどころか、健康を害することになります。
個人輸入代行サイトを利用するときは、ベストケンコーといった大手老舗サイトを利用したいものです。

個人輸入代行というシステムは、単なるインターネット販売とは異なるものです。
ネットではジェネリック医薬品の販売は許可されていないのです。
ED治療薬をネット通販で探しても見つかることはありませんが、海外を経由して取り寄せる場合においては合法となります。
これは国も認可していることであり、医療機関に行きたいけど遠くて行けないなど、交通の便が整っていない地域の方を対象としているものです。

ベストケンコーは成分調査を徹底してから出荷していますので、偽薬を買ってしまうリスクはありません。

先発・後発医薬品にかかわらず、すべて純正となっているので安心して購入してください。
さらに消費税・送料・手数料などもかかりませんので、バスやタクシーを使ってドラッグストアまで行くよりも、安くすんでしまうのです。
ベストケンコーでお得に医薬品を購入するコツは、必要な分をまとめて購入してしまうことです。
個人輸入代行の場合、購入する箱数が多くなるほど割引率が高くなり、1箱あたりの単価は安くなります。
また、50mgと100mgという2種類のタイプがあったとき、100mgを購入するメリットが大きくなります。
100mgをピルカッターで分割して、50mg×2回分として使用できるのですが、薬価自体は50mg・100mgでは大差がありません。
例えば、バイアグラを例にすると、100mgは日本では取り扱っていませんが、海外では主流となっています。

この100mgを購入して分割して飲めば、さらにコスト削減が可能となるのです。

なお、日本にはない100mgタイプをそのまま飲むのは避けたほうがいいでしょう。
海外と日本で用量が異なることには、ちゃんと理由があるのです。
体質・体型などを考慮して決めており、たくさん飲めば効くというものでもありません。

Comments are closed.